2月の健康のツボ 【冷え性になりやすい人はどんな人?】

●自律神経失調症とホルモンの分泌障害

冷え症は女性に多く見られる現象です。寒さにさらされたり、貧血、血行不良、自律神経失調症などが原因となって、血液循環が悪くなると、からだに異常な冷えを感じますが、特に手足や足先など、からだの一部が持続的に冷えてきます。半面、顔はほてるなどの症状も出てきて、冷え症の人は、のぽせやほてりの症状も同時に訴えることが多いようです。

冷え症になりやすい人は、運動不足、食べ過ぎなどにより肥満のある人、精神的ストレスが蓄積されている人、過労や睡眠不足の人、戸外と室内の温度差の激しいところで仕事をしている人などが挙げられますが、運動不足やストレス、睡眠不足や過労などはすべて自律神経の不調の原因となります。

また夏期は、冷房の中でからだを冷やし過ぎると、自律神経失調症になるので注意しましょう。
病気に伴う冷えには、手足が冷える低血圧症、痛みがあるレイノー病、心不全などが考えられます。ほかに子宮内膜症などの婦人科の病気では腰が冷える症状もあらわれます。

これといった病気がないのに冷えを感じる場合も多く、ホルモンバランスが崩れる更年期にひどくなる傾向があるようです。

ほとんどの冷え症は原因がはっきりとわかりませんが、自律神経失調症かホルモンの分泌障害によるものと考えられています。

全身の血管の収縮・弛緩はからだの状態と外部の環境変化によって調節されますが、何らかの刺激が生じた場合に、部分的に血流が妨げられ、冷えを感じてくるわけです。

●食事や飲み物を工夫してみましょう

貧血は鉄分やたんばく質の不足が主な原因で、特に女性は鉄分不足の貧血になりやすいので、レバーなど鉄分の多い食品をとるようにしましょう。たんぱく質の不足は低体温を引き起こし、冷え症にとってはマイナスです。

血液の循環が悪いと、手足や腰などがいつも冷たく、なかなか温まらないので、血行をよくするビタミンEを多く含む、ニラやサバ、サンマなどの青魚は冷え性には効果的な食物です。

冷え性の人は朝食を抜いたり、十分な食事をとれていない場合が多く見られるので、3食をしっかりとって栄養バランスがとれた食事をすることが大切です。




このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved