【肥満による主な問題点】

 肥満には次のような問題点があります。

 (1)心臓・血管への負担が増加します。
 (2)糖尿病にかかりやすくなります。
 (3)肝臓・胆道疾患にかかりやすくなります。
 (4)関節や骨に過重負担がかかります。
 (5)呼吸機能が低下します。
 (6)からだを動かすことがおっくうになり、運動不足になります。

 ◆肥満の判定と肥満症診断◆
 日本肥満学会によりますと、BMIが25以上を肥満と言っています。肥満による疾患としては、ウエスト径(臍周囲径)の計測で男性は85p以上、女性が90p以上あり、胸部CT検査で内臓脂肪面積が1u以上ある場合、内臓脂肪型の肥満症と診断されます。

 ◆減量の目安と食事の工夫◆
 減量を行う場合は、1日に摂取するカロリーを、消費するカロリーより500Kcal少なくします。おおよそ1500Kcal〜1800kcalの摂取をこころがければ、1週間で0.5sの減量、1ヶ月で2sの減量となります。

 減量の目安は1週間に1sを限度とし、適度な運動をプラスすればやせられます。まずは男性 1800kcal、女性1600kcalの摂取をめざして減量してみましょう。



このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved