【冷え症の食事のポイント】

冷え症とは、貧血、自律神経失調症、血行不良などにより、手足や腰に持続的に冷えを感じる症状をいいます。思春期や更年期に多く、ストレスも影響します。

冷え症にきく食事のポイントは

(1)

寒いと基礎代謝が高まり、エネルギーが必要となるので、カロリーは多めに。

(2)

やせ気味で体力のない人に多くみられるので、しっかりとタンパク質の補給をします。

(3)

末梢血管を広げ、血液循環をよくするビタミンEが効果的です。またホルモンの調整をする働きもあるので冷え症に効果的です。

(4)

食べ物をエネルギーに変えるにはビタミンB1が必要です。

(5)

貧血により冷えを感じる場合は鉄分補給が大切です。鉄分をよく吸収させるために同時にビタミンCも必要です。

(6)

からだを温めるのが先決です。鍋物や寝る前のホットミルクがおすすめです。



このホームページのご意見・ご感想はこちらまでinfo@e.oisyasan.ne.jp

Copyright (C) 2000 e.oisyasan.ne.jp. All rights reserved